China Human Rights Lawyers Concern Group

「China Human Rights Lawyers Concern Group」でオナニーのおかずをゲット。

SMが快感に変化する理由とは!

痛い、つらいはずのSMがいつの間にか快感に変化してしまう理由を解説しております。

SMは、痛そうだけど興味がある。苛めてみたい、苛められたい。でもしたかがわからない!そんな悩みの方はたくさんいると思います。SMプレイの醍醐味は、普通のセックスでは感じることのできない快感なんです。今回は痛い、つらいはずのSMプレイが快感に変わる本当の理由を解説したいと思います。

まず簡単に言うと脳内麻薬と呼ばれる物が主な理由です。ある一定の苦痛を乗り越えると、羽根が生えたように気持ちよく、自由になれる。そんな体験を、スポーツ経験者ならわかるはずです。例えば、試合中。ずっと耐えていたり、苦しい中で走り回っていたのに、急にその疲労が快感に変わる瞬間の事をランナーズハイと言いますよね。これらを引き起こしているものは、皆様も耳にしたことはあると思いますが、これらが脳内麻薬の別称を持つ、非常に力の強い脳内物質なんです。

AVや、SM本などではよく調教などの言葉が使われ、M側に苦痛を与え続けるというシーンがあると思います。あれもスポーツ選手で言う耐えている時間なんです。散々苛められているうちに快感に変わっていきます。S側の人間は、M側に指示したり、少し乱暴に扱ったりしましょう。慣れてくれば、次第に刺激を強くしていきましょう。その後のご褒美を与えます。このご褒美を繰り返し身体に覚えさせることで、どのような激しいプレイにおいても「痛み」が「快感」に変わる要因になるのです。

SMに慣れていない初心者も、これから挑戦してみたいと思う人も、「痛み」を恐れずに一度試してみない事には快感を得る事は出来ません。痛みを越え、快感を感じてからが本当のSMプレイの醍醐味ですので、それを感じる事が出来るまで耐えてください。一度快感を味わえば痛みを一発で忘れる事が出来ます。